切手買取りの豆知識、消印について

切手を集めている人の中には使用済みの切手を集めている人も多くいます。
また、特別切手には興味が無いけれども、送られて来たハガキや封書に貼られている切手が、普段使っているものとは異なり、綺麗な切手、珍しいと感じられるものであるため、捨てずにそのまま保管をしている人も多くいます。
使用済み切手と言うのは、切手の額面としての価値はありませんが、コレクションする楽しみがある事からも、集めている人が多くいると言う事です。
郵便物と言うのはポストに投函された後、郵便局の担当者がポスト内の郵便物を集めて、局内で消印を押して郵送を行うと言う流れになります。
この消印と言うのは郵便料金の先支払いが行われている切手が貼られているなどの確認を行う目的や、受領した証明となるものであり、日付や郵便局名などがスタンプされることになります。
使用済み切手は、この消印が押されている事で再利用することが出来ないのですが、切手買取りのお店の中では使用済み切手を買取りしてくれる所も多く在りますし、使用済み切手はボランティア団体に寄付する事で有効活用されると言ったメリットがあります。
集められた切手は海外などに流通が行われることになると言います。
切手に捺印されている消印は使用済み切手と言う取扱いになり、額面が100円の切手の場合でも、郵便物に貼り付ける事が出来ない、使う事が出来ない切手になります。
使用済み切手を集めている人の中には、消印部分が入るようにハガキや封書から切り取って大切に保管をしている人も多いのですが、消印と言うのは郵便局で受け付けを行った時の日付、そして郵便局名などが記されており、スタンプされている位置や、綺麗に捺印されている場合などでは使用済みの切手も価値を持つものとなるケースが在ります。
消印の中には丸い形をしたスタンプが押されており、このスタンプが切手の中に綺麗に収まっているケースも在りますが、これは満月などと呼ばれている消印の一つであり、切手買取りのお店などでは高い評価を得る事が出来る使用済み切手の一つになります。
捺印されているスタンプと言うのは、何時の時代の物であるのかを知ることが出来ると言うメリットがありますが、古い時代の切手と言うのは希少価値が高い切手の一つであり、これに日付等の情報が切手に入ることで価値を高めてくれるケースが在る事からも、切手買取りのお店では未使用切手だけではなく、使用済み切手も買取り対象としているケースが在ると言う事で、詳しくはこちらの中国切手についてを参照してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です